-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-08-01 12:34 | カテゴリ:映画音楽
Who will know -誰が知るだろうか-

この楽曲が流れる、放射火炎のシーンは、極めて美しく、悲劇的ですよね。
英語の歌詞の和訳です。(意訳もあり)

Who will know -誰が知るだろうか-

誰が私を知るだろうか。
私がこの世を去った時には。
誰も知ることなく、私は失われ、私の願いの痕跡すら遺されない。

しかし、私は続けざるを得ない。
…恐怖…涙…何が私に降り懸かろうとも

私は伝えねばなるまい。

私の心を…虚無を!



私の息の根がある内は…虚無が…希望すらない虚無が、纏わりつく。

私の眼に映るのは、果てのない…深淵へと続く斜面のみ。

しかし、私はまだ求めている。
僅かな希望を。

私が欲しいのは…

一条の光。

私を殺す、その闇を

終わらせる

ヒトスジノ、ヒカリ。




…以上。
…いかがだったでしょうか?

実に濃厚な庵野ワールド。14歳くらいの人間が囚われる、絶望、空虚。そしてチカラ。

ネットでは、ある説が囁かれています。
冒頭のボートの持ち主…つまり、消息を絶ったマキ博士(妻を見殺しにした世界を憎んでいた)が、「私は好きにした、君たちも好きにしろ」と、ゴジラへと変身した、生まれ変わった、と言うものです。
(シーンとしては、映画「プロメテウス」の冒頭みたいな自殺シーンでしょうか。)

この歌詞が、誰の独白を示しているかは、明らかでしょう。


ギリシャ悲劇を意識したという鷺巣詩郎さん、流石でした。

つづく。
2016-08-01 10:31 | カテゴリ:映画音楽


Persecution of the masses-群衆の迫害 -

群衆の迫害

主の恵みの、あいなきことよ!

おお、主よ!我らに加護を与え給え!
祈りを捧げし罪なき子羊に
責め苦を与え給うな!

いと高き賛美が、我らの全てなれば
我らを御身から離し給うな!



…以上。だいたいこんな内容だと思います。意訳も入ってますが。
とても宗教的な内容ですね。教会典礼のような。
そう考えると、題名の「masses(単数形mass)」は、群衆、民だけでなく、キリスト教の「ミサ」の意味もある掛詞(かけことば)だと思われます。

つづく!
2016-07-31 19:32 | カテゴリ:映画音楽
IMG_2437.jpg
(画像は、7/30の、札幌地下歩行空間に展示されていたゴジラ)

さて!皆さん!僕の↓の記事を憶えておいででしょうか!?未読の人は、是非読んでみてください!
過去記事「シン・ゴジラ」予告編の音楽

さて、今日、『シン・ゴジラ』のサウンドトラックがEVANGELION STOREより到着しまして、早速ききかじっているところでございます。

予告編で流れていた楽曲の題名が判明しました。「Persecution of the masses」。

これに庵野監督がつけた題が、「上陸」となっています。

僕はドヤ顔をします。

なぜならば!

過去記事にて、【この音楽は、伊福部昭の「海底下のゴジラ」のメロディを裏返したもの、つまり反行形なわけで】【ゴジラの沈没、死の裏返し、つまり復活を音型によって表している!】と結論づけたわけですが、半分、的中でしたね!

実際、シン・ゴジラが海から上陸し、人類に初めて立ちはだかる際の音楽だったわけで!

リーフレットに載っている英語の和訳作業をすれば、もっと分かることがあるかもしれません!

つづく!
2016-07-30 18:50 | カテゴリ:未分類
EVANGELION STORE で、シン・ゴジラのサウンドトラックを注文しております。

昨夜、発送のメールが来たので、到着し次第、今回の劇伴のより深い分析に入りたいと思います。

乞うご期待!
2016-07-29 18:40 | カテゴリ:映画音楽
さてさて、過去の記事で、予告編の音楽が、初代ゴジラの伊福部昭の音楽へのオマージュであることを、独自の分析によって明らかにしました。

さて、映画本編はというと。

(…ここからネタバレあり!!)


伊福部昭の音楽に溢れていましたね!

伊福部昭オマージュとかいうレヴェルではなく、まさに原点回帰。

自分は、今回の映画に付される、鷺巣詩郎作品に大いに期待していたのですが、あくまで伊福部というハンバーグに添えるブロッコリーやニンジンのような感じでした。

音源も、当時録音されたもので、新しい映像と古い音楽の融合は、とても新鮮な演出でした。

…と言うような全体的な事は、誰でも言える事だと思うので、もう少し深めていきましょう。

庵野&鷺巣コンビの代表作、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズでは、予告動画を、セリフなしのミュージックビデオのような感じで、本編を予測させないような断片的な本編映像をバラバラと貼り付けて作っておいて…そしてその楽曲を、本編の一番盛り上がるシーンで流すことで、観客に「キターーー」感を存分に味わわせる、というのがパターンでした。

しかし、今回はどうでしょう?

なんと、序盤の(しかも、ゴジラが何だかよく分からない姿の時の)のシーンで、早々と使ってしまったのです。

これには肩透かしを喰らいましたね!

パンフレットに書いてある通り、鷺巣さんのトリックは成功していたと思います。

しかし、パンフレットに書いていないトリックも、鷺巣さんは仕掛けていたのでは?
というのが、本記事の主軸になります。

トリックひとつめ。

【序盤と、中盤以降の緩急。】

序盤は、動きの鈍〜〜い政治家たちが中心となって物語が進むのですが、ここに全然、音楽は付けられません。
庵野作品にしては、会話のリズムも悪いし、調子外れです。

ようやく作戦が動き出し、音楽キタ!と思いきや、エヴァのDecisive Battle(決戦)をもじったような、偽モンの、パチモンのような音楽が流れ始めます。

(ようやくキタ!……でも何だか微妙…燃えない…)

というのが自分の第一印象だったのですが…

物語が動きだすキッカケ…各分野のスペシャリスト(ただし鼻つまみ者)たちが集められるシーン以降、本物のDecisive Battleが流れ、会話もリズミカルに、カッコよく流れ始めます。

「やられた!」

音楽を用いた、音楽でしかできない表現。

これを、映画の展開に合わせて効果的に配置した、そのトリック!

庵野&鷺巣コンビは映画作品において、音楽、音声の流れを意識し、巧みに利用することが出来る、稀有な才能だと思います。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。