2016-01-23 20:47 | カテゴリ:アニメ音楽

この『破』に関する最初の記事に書いたように、新曲「The Final Decision We All Must Take」は公開前のPVのBGMとして、前もって多くのファンの耳に刻まれているものでした。分厚いストリングスとコーラスの、シリアス燃えサウンドには心が踊ります。調性はト短調。弦も管も音が伸びます。

多くの人は、劇中でそれが流れた瞬間「うお、ここでか!?」と「キターーー!」という、意外な驚きと歓迎の入り混じった感情を抱いたのではないでしょうか。

というのも、旧TVシリーズには登場しなかった新キャラが、旧TVシリーズには存在しなかった裏コード「ザ・ビースト」とかいう、何かよくわからないモードにしたせいで、2号機が見たことない姿になって、戦闘を始めるからです。

「The Final Decision We All Must Take」は逆に、そんな新規設定でポカーンとなる旧ファンの心を、引き留めて劇中に集中させる効果があったのでは、と思うのです。

既に耳に刻まれている音楽を流すと、脳は「ああ、コレ知ってる」と安心するとともに、次の音の展開を予想できるので、情報処理を聴覚から視覚のほうへと集中させることができます。

なので、耳からは「燃える!」という感情だけが入ってきて、劇中の死闘に集中し、それを応援することになると思うのです。

現代の多くのTVアニメにおいて、最終話のクライマックスで1期のOP曲なんかが流れてくると、無条件で燃えてしまう、あの現象です。

しかし、『破』は、その手法をかなり前倒ししているので、「え!ここで!早くね!?」という驚きもあったわけです。

そして劇は、数々のイレギュラーはあったものの、旧TVシリーズと同様やはり主人公シンジと父ゲンドウの「再契約」が行われ、アニメ界の伝説的なシーンへと突入します。

作画に関しては、その神がかったTV版のものを踏襲しているで、グレードアップは音楽にかかっています。
もともと映像の力で持って行ってたので、TV版のBGM自体は、不安感を煽るものの、さほど印象深いものではありませんでした。

では新劇の新曲「Carnage」はどうだったかというと、その作画に対抗するほど迫力があり、それでいて融合しています。まず曲の入りからして素晴らしく、一気に画面に惹きこまれます。
そして何よりタイトルが虐殺を意味するように、言い知れぬ敗北感と恐怖を感じます。旧来のファンでも、「あーこっから展開おんなじかー」とか「この先の展開、どうなるのかなー」なんてことを考えられなくなるほど。

調性はニ短調(Dマイナー)。前の記事で述べた「In My Spirit」と同じ調です。その発展形という感じでしょうか。
劇中で流れるのは1分半にも満たないのですが、シーンと共に物凄い密度で、一気に緊張感を高めてきます。
特に、電源が切れる前の高まりは素晴らしいですね。

さて、ここから新劇ではすぐさま覚醒し、TV版からお馴染みの「Sin From Genesis」(旧「The Beast II」)が流れると、ひと安心です(笑)

調性はホ短調。「Keep Your Head Above The Mayhem 」と同じですね。仕返しでしょうか。

音楽は新録音だけあって、原曲の雰囲気そのままに、オーケストラの響きが若干瑞々しくなって、電子音なども加えれれてます。安心して燃えられます。そこに、やったらスケールアップした映像が乗っかります。
やたら第10の使徒が強かった分、それを蹂躙する初号機の強さには震えざるを得ません。もちろんシンジさんにも。

ものすごいカタルシスです。

さて、ここからが問題。
今作最後のBGMは、『翼をください』のカヴァー。
これは安心できません

なぜかって、それは3号機の時のトラウマが記憶に新しいからです!
くそう、庵野監督め!と心の中で叫びました。

しかも、このピアノの前奏は、なんだか旧劇の「Komm, süsser Tod〜甘き死よ、来たれ」を想起させます。
気が気じゃありません。

(そして個人的には、不肖にも林原めぐみ閣下の歌の、なんともいえない脱力感と音程が気になってしまったのですが、どうやら本人の意向に沿わない形での録音を庵野さんが無理に使用したそうなので、納得しました。)

さて、このシーン、いくつか不思議な事があります。

それは、音的には先程までの怒涛のシーンとは比べ物にならないほど脱力しているのですが、緊張感が保たれていることです。緊張感を保ったまま、耳の休憩が可能になるのです。

SE(効果音)も、意図的に抑えられています。
(DVDの特典映像のひとつに、野口透によるこのシーンの効果音ありバージョンが含まれているので、本編では意図的に効果音を廃しているのでしょう。)

要するに、ここは「映像」と「演技」(つまりシンジさん)の凄さに、集中することができるのです。

救出に向かうシンジさんの必死な姿は、その「映像」と「叫び声」だけで、凄まじい臨場感を持っているのです。
このシーンに、凝った音楽や効果音は不要だということです。

この後のサードインパクトに向かうシーンにしたってそうです。
神に近い存在となった初号機の、エネルギーの高まりを示すのに、音楽や効果音の手助けを借りていません。
しかし、それで圧倒されてしまいます。完全なる、映像の勝利です。


個人的には、こうしたところに、新劇場版の面白さがあると思うのです。
新劇場版における鷺巣さんの音楽による貢献は素晴らしいものがあり、映像に華を添えていることは確かなのですが、それだけではないということです。
時に庵野さんが映像や演技にフォーカスするため、音楽を退けることもあります。

エヴァの「こういうシーン」を「こう魅せたい」という情熱と意欲は、おそらく沢山のスタッフたちが、こぞって主導権をもぎ取るつもりで取り組んでいるのでしょう。

なので、DVDを繰り返し見た後、「ミュートにして映像だけ」または逆に「画面をオフにして音だけ」にしても充分に楽しめるし、逆に、今まで情報過多で見えてこなかったところが、見えるようになってくることもあります。

作り手の、そうした愉快な情熱の詰め込みが、悲劇の上で行われるというギャップによって、エヴァンゲリオンの根本的な熱さ、ベーシックなクールさ、本質的なギャグテイスト、逆説的なシリアスが生まれているのではないでしょうか?


これが果たしてエヴァだから可能なことなのかは、今年の夏公開予定の『シン・ゴジラ』を見れば分かると思います。
庵野&樋口&鷺巣によって、ゴジラというエンターテインメントは、どう料理されるのでしょうか。
個人的には期待よりも、いろいろな面で不安しかないのですが(笑)、見届けようと思います。

次回からは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の音楽を中心にお送り致します。

それでは。
2016-01-22 18:44 | カテゴリ:アニメ音楽

今作『破』のラスボス、第10の使徒(旧ゼルエル)の登場とともに、劇は長いクライマックスへと突入していきます。
今までの使徒戦に使われる音楽は、1体につき1〜3曲だったのですが、ゼルエルには7曲+αとなっており、圧倒的に多いのです。そしてそれらはドラマチックな効果を生んでいます。追って見ていきましょう。

防衛ラインを突破し、姿を現す「最強の拒絶タイプ」(旧:力を司る天使)の名は、伊達ではありません。火力、防御力、機能において、絶望的なまでのグレードアップを遂げています。

旧TVシリーズにおけるゼルエル登場時のインパクトを再現するには、もちろんそのままではダメなのでしょう。

しかし、外見はどうでしょうか?

旧TVシリーズと全体的な意匠は変わりませんが、比べると、まず脚が無くなっています。体は黒い包帯のようなものに包まれていると思いきや、その中身は空洞でした。そして全体的に黒い帯でヒラヒラしています。

つまり、見た目からは、それほど強そうには見えないのです。

では、あの圧倒的に強そうな印象は、どこから来るのか?

もちろん、音楽の力が大きいでしょう。

まず、登場時の新曲「In My Spirit」。それまでに比べると、かなり音数の多く、音圧も大きい楽曲ではないでしょうか。
オーケストラとコーラスで大盛り上がりです。調はニ短調(Dマイナー)。「力強さ」の調性です。曲風としては、ベートーヴェンの『第9』の第2楽章(同じくニ短調)にかなり近いと思います。

ここで指摘しておきたいのは、いままでの使徒戦BGMに比べて、「ドミナント−トニック」感がより強いものになっているということです。これは次の2号機戦での「Keep Your Head Above The Mayhem」においても同じです。

言い換えれば、これまでに比べて、様々な和音の「性格の違い」がより鮮明に聴こえるようになっているということです。
「機能和声法」的になってると言っても良いでしょう。これによって、シーンに「激動感」が与えられています。

「Keep Your Head Above The Mayhem」では、そのメロディの執拗な連続する音程によって、第10使徒の圧倒的な力と堅牢さが説明されているように感じます。また、メロディの頭の「休符」が、また憎い迫力を放っています。僕自身は、この音楽とシーンには物凄い戦慄を覚えると同時に、燃えましたね。

調性はホ短調(Eマイナー)。ホ短調の有名ドコロといえば、ドヴォルザークの『交響曲第9番「新世界より」』の終楽章でしょうか。なんとなく「渋い迫力」を感じる調性です。

また「Keep Your Head Above The Mayhem」は、2拍子系が基本かと思いきや、メロディが昇っていくときは、3拍子系が続きます。いわゆる「変拍子」でしょうか。これが更なるドラマチック感を増しています。

そして、「この形、なんか初めて聴いたような気がしないんだよなー」と、なんとなくモヤモヤしていたのですが、数年後に、旧劇場版『Air/まごころを、君に』('97)を見てピンと来ました。

その序盤、ネルフが戦略自衛隊の侵攻を受ける際のBGM「他人の干渉」の一部に少し似ているのです。鷺巣さんの何らかの意図によるものか、無意識によるものかは判別がつきませんが、もし旧劇のそれを覚えていて、新劇ゼルエル戦でそれを思い出したとしたら、さらに絶望感は大きかったでしょう。

…今回はここまで。
次回で『破』の最後にするつもりでいます。


それでは、また。
2016-01-20 23:19 | カテゴリ:アニメ音楽

さて、『破』の後半は、大きな「展開部」となっています。
前半で新キャラたちが加わり、そこから充分に舞台環境が整ったところで、変化は訪れます。

エヴァ3号機(旧TV参号機)の登場は、まさにターニング・ポイント。「災の種」です。
TVシリーズではここから悲劇に転じ、凄惨な展開が続きました。

さて、新劇ではどうなるか?
昔からのファンは「来るか?来てしまうのか?あの展開が…」
とハラハラしたことでしょう。

結果は…あまりにも悲痛なものでした…旧作より自然に、丁寧に丁寧にフラグが積み重ねられており、しかもそれは登場人物たちの「善意」だとか「心遣い」によって更に補強されているのです…なんという悲痛!

でも、松代で爆発があった後でも

「こんだけ旧作より明るい健全な雰囲気になったんだから、ここから落とすにしても、底は浅いのでは?」

という淡い期待みたいなものを、やはりしてしまうワケですよ。


ところが、夕暮れに響く旧作からのお馴染みの音楽「Tranquillité 」、そして「Les Bêtes」が掛かって来ると、

「ああ…もう逃げられないんだな。この悲劇から…」

って絶望感に包まれるワケです。
しかも、「Les Bêtes」(意味はThe Beasts)では、旧作には存在しなかったサウンドが追加されています。
不協和音による、禍々しい「ハーーレーールーーヤーー」というコーラス。これは、否が応でも旧TVシリーズ第22話の、精神汚染のシーンを思い起こしてしまいます。(第22話ヘンデルの「ハレルヤ」については過去記事クラシック音楽@『新世紀エヴァンゲリオン』其ノ壱参照)

…しかし!です!

その絶望感の中でもまだ、希望を持ち続けた観客は意外に多かったのではないでしょうか?

なぜならば、『破』ではこれまでの前半に、旧TVシリーズでの鬱シーンを、ことごとく明転させているからです!
もしかしたら!…もしかしたら!
ダミーシステム起動という展開をキャンセルしてくれるんじゃないか!?
…だよな!?シンジ君!…頼むぞ!YOU CAN ADVANCE!!



…などと勝手に胸に一縷の希望を抱いた観客たちの心を、完全に粉砕したのは、ある音楽でした。


多くの人は後にこう語ります。
「ショックすぎてもうわけわからんかった」
「頭の中が真っ白になった」
「そこからの記憶が無い」
「魂が抜けるとは、まさにこの事」
「悲しすぎて、変な笑い声が出た」
「映画館側のミスかと思った」
「ブチ切れそうになった」

僕自身も似たようなものでした。
また多くの人が、その後もその音楽自体にトラウマみたいなものを覚えてしまったようです。

一体、どんな音楽が、そんな悪魔のような所業を成し得るのでしょうか?

激しい不協和音による、恐ろしい曲でしょうか?
それとも悲しく切ない、ピアノ曲でしょうか?

いいえ、1966年のヒット曲のカヴァーです。原曲はNHK「みんなのうた」のコーナーで耳にすることもあるでしょう。また小学生の頃に歌ったことのある人も多いでしょう。馴染み深ーい、懐メロです。しかも長調です。曲名は記事の題名の通りです。

では、一体誰がこんな曲をチョイスしたのでしょうか?
鷺巣詩郎さんでしょうか?

いいえ、庵野秀明さん、その人です。


エンターテインメントから程遠く、悪趣味以上に悪趣味……しかしながら、シーンに極めて強烈な衝撃と恐怖を刻みこみ、それでいて、なんというか逆に一周まわって
むしろココでは、この曲しかないだろ的な妙な説得力を持っているような気もしてくる、このチョイスについては、6年半経過した今でも、筆舌に尽くしがたいのです。

完全に、使いの者であるはずの鷺巣詩郎さんを押しのけて、神が直接手を下してしまっているのです。
そしてそれは、この世の理を越えてしまっているがために、人々は発狂してしまうのです

しかし、劇中の効果としては絶大です。
まず、歌が流れた瞬間に、これから何が起きるかということを、そしてそれがどんなに理不尽なことかを、観客はイヤというほど直観させられるのです。

そして観客は、主人公シンジ君の気持ちにならざるを得ないのです。
「!?」「やめてよ!」「ちょ…なにやってくれてんだよ!」「止まれ止まれ止まれ止まれ止まれ!!」「…何の音だ!?」「やめろぉぉおおおおおおお!!!!!」
までの一連の主人公の叫び(一部不正確)を、観客は心の中で同じように叫ぶのです。

そしてその後、主人公と観客は、あまりのショックに、我を忘れてしまうのです。


…なんというか…ここまで来ると、計算された演出と言うのも、おかしい気がします。
エヴァとは、庵野秀明とは何なのかを、観客は、ただ改めて知ることになるのです。

ここにおいて、新劇エヴァが今まで築き上げてきた温かで健全な雰囲気が、そして、鷺巣詩郎さんが今まで築き上げてきた音楽による新劇エヴァ感が、一気に崩れ去るのです。

そして主人公、碇シンジと観客は、今までの全てが、信じられなくなってしまうのです。


…つづく
2016-01-20 20:34 | カテゴリ:アニメ音楽

さて、ここで一息。

ここ一連の記事で紹介している鷺巣詩郎さんの楽曲が、どのようなスタンスで作られているのか?
という点について。

角川書店刊『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 ENTRY FILE I 』(2007)のp.045に、鷺巣詩郎さんへのインタビューが掲載されています。そこから一部を引用させて頂きますね。

心がけていることは、庵野さんという人の頭を割って脳みそに耳を当ててどんな音楽が聞こえてくるんだろうということ。総監督が何を考えているか、頭の中で何が鳴っているかということです。「ヱヴァンゲリヲン」の音楽をつくるということは、庵野秀明という監督でありアーティストであるその人に曲をつけるという感覚に近いですね。加えてエンターテインメントであるという心構えも忘れないようにしようと。

…これは、とっても丁寧でありがたい、正確な説明だと思います。

『破』での第8使徒戦において「Destiny」「Fate」という、どちらも運命を意味する2種類の新曲が用いられますが、どちらもイ短調で統一され、それぞれ独立した楽曲と言えず、劇中のシーンに完全に沿う形で繋げられた、一連のBGMとして機能しています。そのサウンドは、クラシック調の分厚いオケとコーラスによる壮麗なもので、シーンの映像をこの上なく強化しています。

しかし、それと対照的に、英語歌詞の内容はとても頼りないものです。


それは、多くのロボットアニメの主人公像に反して、戦いに臨むための確固たる動機を持たない少年シンジの、内面の葛藤の吐露のようにも聞こえます。別にエヴァに乗りたくて乗っているわけじゃない…しかし、それ以外の生き方も見当たらない。

…というのは同時に、このアニメの創造主である庵野秀明の、潜在的な不安にも重なるものでもあると思います。cf.『Q』で新たに登場する「エヴァの呪縛」という言葉、設定の存在。(『Q』の製作終了後、彼は酷い鬱状態へと突入します)。

このシーン、ものすごいエンターテイメント性をもったスペクタクルなんですが、間接的に裏の顔も見せているわけです。
ただし、直後のシーンで主人公は、ほんの些細なことに大きな喜びを見出し、その表と裏のギャップは解消されます。
それをきっかけに周囲の人間関係も良好になり、中盤は、「こんなのエヴァじゃない!」と思わせるような学園(ラブ)コメ風な空気と、ポカポカな音楽に満ちていますが…

その一方で庵野秀明というダーク「デウス・エクス・マキナ」は舞台裏で、静かに歯車を回し続けるのです。
そして鷺巣詩郎は、その擬似神の、赤裸々な意志と計画を読み取り、エンターテイメントという福音で、観客を振り回しているのです。
(おそらく、旧TVシリーズ&旧劇エヴァの音楽の蠱惑的な「毒気」は、そのエンターテイメント性を抑えたが故の、ダダ漏れした神の意識だったのでしょう。)

さて、今回はここまで。
次回は『破』の後半の音楽についてです。

…つづく
2016-01-19 23:04 | カテゴリ:アニメ音楽

さて、続きです。

「時計使徒」戦で、アスカの乗る2号機が登場すると、物語、画面、音にパァッと彩りが加えられます。
登場時の音楽「Ambassadrice Rouge」は、旧TVシリーズから比べて、コレでもかというくらいサウンドが豪勢になっていますね。
オーケストラにエレキギター・ソロを融合するという鷺巣さんの技は、もはや匠の域に達しています。

ここから劇は、しばしの日常描写。
旧TVシリーズの、一番ほんわかしていた時の雰囲気を、上手くリニューアルしています。

さて、劇中の中盤に差し掛かったところで突如現れる、成層圏上の第8使徒。
ここはもう、TVシリーズからの視聴者は「このシーンキターーー!!」と嬉しくなったと思うんです。印象深い燃えシーンなんで。
…ですが、その分、緊迫感もパワーアップしています。
まず、見た目。TVシリーズ随一の破壊力を持った、天空を司る使徒「サハクィエル」と、TVシリーズ最恐の、夜を司る使徒「レリエル」を合わせたような出で立ちです。
N2航空爆雷という今回初登場のネルフ兵器も「え?なにそれ攻撃?」という感じで涼しい顔。
にも関わらず、伊吹マヤさんの、天然モノ問題発言?も相まって、この時点では、雰囲気は半ばギャグテイストです。
(劇場も、和やかというか、失笑という状態。)
それというのも、このバックで流れているBGMが、とっても聞き慣れた安心感のあるものだからでしょう。

しかし、敵が落下し始め、エヴァ3体のクラウチングスタートから「大運動会」が始まる頃には、雰囲気は一変します。
劇場内の皆さんも、明らかに「ドヨドヨ」し始め、手に汗を握りながら背筋がピンとし始めます。
この時流れるのは、新曲「Destiny」。これほどまで音楽によって空気が一気に変わる瞬間は、珍しいと思います。

今回の記事のメインディッシュは、コレに致しましょう。

さて、この曲について皆さんが感じる主な印象として、「緊張感」「焦燥感」「圧迫感」などがあると思います。
(ニコニコ動画のコメントでも、「やばい緊張する」「会社や学校に遅刻しそうになると、これが脳内に流れる」というのを見ました。)
それは一体なぜでしょうか?

まず、印象に反して、この曲のテンポは速くありません。
拍子もテンポもリズムも単純で、一定です。オーケストレーション的に、音が分厚いとかもありません。むしろ淡々としています。
では展開がドラマチックか?…いいえ、単調そのものです。同じ音型を繰り返していく「ミニマリズム」という手法で、和音も複雑な展開はなく、Aマイナーの音階上の音が出てくるだけです。

じゃあ何故か?

いくつか考えてみました。

・焦燥感
まず、テンポ。ざっと測ってみたところ、126といったところでしょうか。別段速いテンポではありません。
学校の運動会で流れるクラシック音楽「ウィリアムテル序曲(スイス軍の行進)」「天国と地獄」「剣の舞」「ギャロップ」などのほうが、ずっと速いと思います。

しかし、です。

多くのポピュラー音楽が、テンポ60または120なのにはワケがあると思うんです。
それはクラシック音楽が、まだ宮廷のBGMだったバロック時代の音楽(例:バッハ)にも言えることなんですが、つまり、一分間に60または120という数値が、人間の脈拍のテンポに即しており、落ち着いて聴けるからなのです。
(個人差はあると思いますが、僕も脈拍は59〜60で安定しています。)

そこにきて、「Destiny」は126です…ビミョーに速いのです。
この微妙さが鍵です。奇しくも、直前のオペレーターの報告として、「各パイロットの(…)呼吸、及び心拍数は正常(…)」というセリフがあるので、観客もミラー効果?によって落ち着いているところに、この「微妙に」テンポの速い音楽が流れ始めるのです。ここに心理的、生理的ギャップが生じ、ソワソワしてしまうのではないか?というものです。

・圧迫感
次に、絶え間なくリズムを刻んでいるスネアの音、そして低音で保続されているラ(A)の音です。
さらに、その上にソプラノ歌手の高音域が、長い息をもって歌われます。
これが、人間に息をつく隙を与えない緊張感になっている、というもの。
ニコニコ動画のコメントでも、「息をするのを忘れていた」というのを見た気がします。
これが3分間弱続くので、結構な潜在的ストレスになるのではないでしょうか。

・緊張感
最後に、メロディについてです。

「ド」ラララ「ド」ラララ 「ファ」ラララ「ファ」ラララ
「レ」シシシ「レ」シシシ 「ソ#」シシシ「ソ#」シシシ
「ミ」ドドド「ミ」ドドド 「ラ」ドドド「ラ」ドドド
「ファ」レレレ「ファ」レレレ 「シ」レレレ「シ」レレレ

という弦楽器群のメロディがずっと続くわけですが、

「ド」……完全4度音程……「ファ」
「レ」 ………増4度音程……「ソ#」
「ミ 」……完全4度音程……「ラ」
「ファ」…… 増4度音程……「シ」

という感じで、不安定な音程「4度」を基準にずり上がって行く音型で出来ています。
これが、いつまでたっても続くため、メロディにもまた緊張感の要素が含まれていると言えるでしょう。

・おまけ
ソプラノ歌手のメロディ。どことな~く、旧TVシリーズのサハクィエル戦のメロディに似ているような気がします。
性格はかなり違うんですけどね。

とにかくこのシーンは、音楽、演技、構成、作画、どれをとっても素晴らしいものなので、皆さん大画面で、大音量で観ることをオススメいたします。


…まだまだ次回につづく!