2016-03-14 10:55 | カテゴリ:クラシック音楽
春が近づいてきましたね。
雪深く冬の長い地に住んでいる僕にとっては、とても特別な時期です。

このシーズンになると、決まって創作意欲に駆られ、作曲に没頭してしまうのでして、その結果ブログを3週間近く放置することになってしまいました。しかし意欲は失っていないつもりですので、今後ともよろしくお願いします。

さて今日は、先月の「音楽学のすすめ!」というイベントを終えた後の交流会、その中で生まれた面白い議論の話をしたいと思います。

Bar「Radio&Records」の隅のブースにて。僕と、イベントに来てくださった音楽に詳しい3名の男性(年齢層、専門ジャンルの異なる)が、2時間以上にわたり、酒を飲みながらあれやこれやとディープな音楽談義をしました。

その中の中心的なテーマは、「音楽史」と「世界史」の符合について。そのキーワードとして、「自然倍音」がありました。

「自然倍音」については、このブログでもこれまでに何度も触れています。
初出はコレ『天元突破グレンラガン』その音楽!〈自然倍音〉
です。(その後も何度か触れているので、「自然倍音」でブログ内検索してみてください。)

自然倍音

さて、おさらいですが、一番左端の音を、ピアノなりコントラバスなりでボーンと鳴らすと、実は鳴らしてないはずの高い音〈自然倍音〉が理論的に、物理的に無限に発生しており、その微弱な振動を人間は無意識的に聴いており、音の印象に加味している、ということです。

さて、ここで面白いのは、西洋音楽史におけるそれぞれの時代の楽音(曲に使われる、音符としての音)を、楽譜における垂直面で見た時、すなわち「和音」(ここでは、一度に鳴らされる楽音の意)を見た時、時代が下るにつれて「和音」は重積され、そしてその重なり方は「自然倍音列」と概ね一致する、という話です。

図を見ながら解説していきましょう。
「中世」。13世紀以前は、現在のように機能的に和音が用いられることはありませんでした。つまり、基本的に、単旋律で、「基音」のみでした。
しかしその単旋律が15世紀ルネサンス期に複旋律になると、その重なりによって「和音のようなもの」が生まれていました。といっても、上の図の「基音〜第4倍音」までの範囲。つまり、ドとソのせいぜい2種類の音くらいが、標準的な範囲でした。

それが17世紀のバロック音楽になると「基音〜第6倍音」まで、つまりドミソの3種類が標準になってきます。
こうなってくると、立派な和音感が出てきます。

そして18世紀〜19世紀半ば、古典の終わりのベートーヴェンや、ロマン派始めのショパンなんかでは、「基音〜第7倍音」まで、つまり「ドミソ♭シ(属七)」の和音、セブンス・コードなんかが標準的になってきます。

19世紀後半〜20世紀初頭では、「基音〜第9倍音」、「ドミソ♭シレ(属九)」の和音、ナインス・コード。

1910年頃には、「基音〜第11倍音」(「変位和音」やイレブンス)、「基音〜第13倍音」(スクリャービンの「神秘和音」)やラヴェルのサーティーンス・コードが揃い踏みとなるわけです。

そして此処から先はもはや怪奇の世界。第16〜20倍音ともなればそれは「それまでの楽音」を越え、シとドの半音やドとド#のさらに間の音、いわゆる「微分音」を用いたり、全ての鍵盤をグシャっと鳴らすような「トーンクラスター」という、いかにもな現代音楽の世界に突入します。

これらを前提に、この和音の重積化がなぜ、時代とともに進んだのか?という根拠の議論がメインテーマなのですが、ひとまず今回はこれにて。

…つづく。
2016-02-13 19:32 | カテゴリ:クラシック音楽

19世紀後半から20世紀初頭まで、音楽は「ロマン派」の時代という風に一般的に言われます。

初期ロマン派が、シューベルト、ショパン、シューマン…などなど。中期〜後期に、リスト、ワーグナー、ブラームス、チャイコフスキー…などなど。後期に、ラフマニノフ、スクリャービン、リヒャルト・シュトラウス…などなど。

しかし、文学においては既にロマン派は19世紀前半に一度廃れ、その後なんやかんやを経て「象徴派」という芸術運動になります。

「象徴派」は文学から生まれますが、絵画にも、音楽にも大きな影響を与え始めます。

しかし、「象徴派の作曲家」という言い方は、ほとんどされません。

なので、これからしばらく象徴派について考えていきましょう。
まずコチラの「象徴派」の理念となる詩を紹介します。

ヴェルレーヌ『詩法』堀口大学訳 より


音調を先ず第一に、そのゆえに「奇数脚」を好め
おぼろげに空気に溶けて
何ものもとどこおるなき。 

心して言葉を選べ
「さだかなる」「さだかならぬ」と
うち交る灰いろの歌
何ものかこれにまさらん。

2016-02-09 20:34 | カテゴリ:クラシック音楽

「半音階」と「全音音階」「減七」について触れてきました。

ここまできたら、あと一つ、触れなければなりません。

「オクタトニック」という、8音からなる音階です。

時計の文字盤では「正八角形」は描けないので、オクタトニックは辺の長さが2種類になります。

12時、1時、3時、4時、6時、7時、9時、10時という感じ。
つまり、半音間隔と全音間隔が交互に出てきます。

音名に表すと、

①ド・ド#・レ#・ミ・ファ#・ソ・ラ・シ♭
②ド#・レ・ミ・ファ・ソ・ソ#・ラ#・シ
③レ・レ#・ミ#・ファ#・ソ#・ラ・シ・ド

の三種類。
ロシアの作曲家がよく用いたもので、リムスキー=コルサコフのオペラや、スクリャービンの後期作品、ストラヴィンスキーの『ペトルーシュカ』やプロコフィエフ…などなど。

またオリヴィエ・メシアンは『我が音楽語法』において、M.T.L(移調の限られた旋法)第2番としてまとめています。

要するに、現代音楽的で、「怪しい旋法」。音の中心性も不安定です。

①〜③の8つの音は、「減七」の4つの音を2種類組み合わせた形とも言えるし、「半音階」の12音から、「減七」1種類を引き算した形、とも言えます。

「三全音」(増4度)を4種類含んでいます。

「減七」よりもさらに「どこでもドア」機能がパワーアップしていて、1つのオクタトニックで4つの調性にワープ可能ですが、たいていワープせず、オクタトニックという「異空間」をさまようことを目的にしています。

リムスキー=コルサコフのオペラでは、現実離れした異界のBGMとして。
またスクリャービンでは、「神秘性」そのものを描くため。

特にスクリャービンは、この「異空間」を、独自の羅針盤に沿って、つまり、独自の和声システムというルールに従って、神秘和音という異空間から異空間へとワープし続けます。

(詳しくは筆者の修士論文に書いたのですが、今ココでは簡単に説明できません。)

とにかく言いたいのは、歴史とともに「音階」は開発され、複雑化していったということです。

シェーンベルクをきっかけに、現代音楽作曲家は「半音階」の中から完全に均等に音を選び、旋律をつくることで、音の「中心性」という重力を打ち消しました。
「十二音技法」「セリエリズム」という手法です。

奇しくも、人間の目が地球から宇宙へと向かい、飛び出していく時期。

人類の歴史と音楽の動向は、リンクしているのかもしれません。
2016-02-07 13:10 | カテゴリ:クラシック音楽

前回まで、12音から音を抽出し、幾何学的な対称性を持つ、正十二角形、正六角形、正四角形を見てきました。

さて、ここで「対角線」を考えてみましょう。
対角線とは、四角形以上の図形において、2つ頂点を結ぶ線分のうち、図形の中心点を通るものですから、四角形なら2本、六角形なら3本、十二角形なら6本あります。

時計の文字盤で言うと、12と6、1と7、2と8……などですね。

12音で考えると、この「対角線」の関係にある音は、「三全音(=増4度または減5度)」といわれる音程関係にあります。

以前の記事
でも鍵として出てきました。
ドレミファソラシドの、シとファの関係です。これは特別です。

シ(低)→ド(高)は「短二度」の関係にありますが、ド(低)→シ(高)となると、「長七度」の関係に変わってしまいます。
シ(低)→レ(高)は「短三度」の関係にありますが、レ(低)→シ(高)となると、「長六度」の関係に変わってしまいます。
シ(低)→ミ(高)は「完全四度」の関係にありますが、ミ(低)→シ(高)となると、「完全五度」の関係に変わってしまいます。

と、2つの音程を入れ替えると、音程差と「周波数比」も変化してしまうのですが、シに対する他の11音のうち、対角線で結ばれるファだけ、つまり「三全音」(全音3つ間隔)にある音程は、ひっくり返しても三全音で、音程と周波数比が一定なのです。

その周波数比は、1:√2=1:1.41421356…という、整数比では表せない「無理数」です。
他の音程は「整数比」の関係にあるのに対し、三全音は「無比数」の関係にあります。

よって、この2音がもたらす響きは「不協和」で「不安定」ですが、お互いに吊り合ってしまっていることになります。

正十二角形、正六角形、正四角形からなる音階、和音は、一辺の長さと角の等しさの他に、この無理数の関係に支配されていることになります。

つづく…
2016-02-07 11:29 | カテゴリ:クラシック音楽

前回まで、ドレミファソラシドという音階に隠された「エラー」と、それがもたらす「中心性」を見てきました。

中心音(主音)が判別しやすいと、安心感があるということです。

では、完全に点対称、線対称な構造を持つ音階では、どうなるでしょうか?

・半音階
1オクターブ内の白鍵と黒鍵の音は、全12種類です。
時計の文字盤も12種類なので、それでイメージしてみてください。

オクターブ内の音を

ド・ド#・レ・レ#・ミ・ファ・ファ#・ソ・ソ#・ラ・ラ#・シ・ド

…と全部使うと、「半音階」と呼ばれるものになります。
正十二角形なので、辺の長さは全て均等、内角も一定で、点対称かつ線対称です。

その均等性のために、調性感は逆に失われます。「中心」となる一つの音がないのです。
幻想的であり、禍々しくグロテスクでもあります。
J.S.バッハの『半音階的幻想曲とフーガ』が典型例です。

・全音音階
次に、12音を2で割って、正六角形を考えてみましょう。
正十二角形が「半音階」だったのに対し、正六角形では「全音音階」となります。

時計の文字盤の偶数だけつないだものと、奇数だけつないだものの、2種類です。

音階でいうと、

①ド・レ・ミ・ファ#・ソ#・ラ#・シ#(=ド)の循環と
②ド#・レ#・ミ#(=ファ)・ソ・ラ・シ・ド#の循環

となります。

この音階もまた、全てが等しく、点対称かつ線対称です。
それゆえ、中心となる一つの音がありません。

そして幻想的である点では「半音階」と同じですが、グロテスクさは薄れています。
神秘的で、静的で、未来へワープするような音階です。
ドビュッシーの『前奏曲集第1巻』の第2曲「帆」がその典型例です。

・減7
さらに、12音を3で割りますと、正四角形が三種類できます。
時計の文字盤で言うと、「12・3・6・9」の様な感じです。

①ド・ミ♭・ファ#・ラ
②ド#・ミ・ソ・シ♭
③レ・ファ・ラ♭・シ

の三種類です。これもまた点対称かつ線対称です。

しかしこれはもはや音階ではなく、短三度を積み重ねた「減七の和音」として使われます。
左端と右端の音程が「減七度」をなす為に、こう呼ばれます。
前回までの記事で触れてきた「増4度」2種類(上の①の場合ドファ#とミ♭ラ)の重ね合わせであるため、厳しい響きを持っています。

ベートーヴェンや、ショパン以降とても良く使われ、転調をするための「どこでもドア」のような機能を持っています。
このドアによって、それまでの音楽から調性感を引き剥がし、別の調性へとワープできます。

次回は、さらに分割していきましょう。