2016-08-01 12:34 | カテゴリ:映画音楽
Who will know -誰が知るだろうか-

この楽曲が流れる、放射火炎のシーンは、極めて美しく、悲劇的ですよね。
英語の歌詞の和訳です。(意訳もあり)

Who will know -誰が知るだろうか-

誰が私を知るだろうか。
私がこの世を去った時には。
誰も知ることなく、私は失われ、私の願いの痕跡すら遺されない。

しかし、私は続けざるを得ない。
…恐怖…涙…何が私に降り懸かろうとも

私は伝えねばなるまい。

私の心を…虚無を!



私の息の根がある内は…虚無が…希望すらない虚無が、纏わりつく。

私の眼に映るのは、果てのない…深淵へと続く斜面のみ。

しかし、私はまだ求めている。
僅かな希望を。

私が欲しいのは…

一条の光。

私を殺す、その闇を

終わらせる

ヒトスジノ、ヒカリ。




…以上。
…いかがだったでしょうか?

実に濃厚な庵野ワールド。14歳くらいの人間が囚われる、絶望、空虚。そしてチカラ。

ネットでは、ある説が囁かれています。
冒頭のボートの持ち主…つまり、消息を絶ったマキ博士(妻を見殺しにした世界を憎んでいた)が、「私は好きにした、君たちも好きにしろ」と、ゴジラへと変身した、生まれ変わった、と言うものです。
(シーンとしては、映画「プロメテウス」の冒頭みたいな自殺シーンでしょうか。)

この歌詞が、誰の独白を示しているかは、明らかでしょう。


ギリシャ悲劇を意識したという鷺巣詩郎さん、流石でした。

つづく。
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://remeremea2.blog.fc2.com/tb.php/54-d2414fbf