2016-04-16 19:29 | カテゴリ:映画音楽

アニメ『ふしぎの海のナディア』よりレクイエム

『シン・ゴジラ』予告

さて、この2つの音楽は共に、庵野監督の作品につけられた、鷺巣詩郎氏の作曲作品だ。

上は庵野監督のデビュー作ともいえる、ふしぎの海のナディア(1990〜91)。

下は2016年夏公開予定の、『シン・ゴジラ』。

この『シン・ゴジラ』の音楽について、前回の記事で「これは初代ゴジラ(1954)の伊福部昭の〈海底下のゴジラ〉へのオマージュである」ということを述べてきたが、書き終わった後でなにか引っかかったので、2chのエヴァ板の、『シン・ゴジラ』についてのスレを覗いてみたら、興味深いレスがあった。

それが、「あの曲は、ふしぎの海のナディアのコレだよ」という内容のものであり、リンクでYoutubeへの動画へ飛んだ。

確かに2つを聴き比べてみると、よく似ている…というより、テイストとしてほぼ同じだといえる。そしてやはり、音型の一部も一致する。

ここ最近、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』において、過去作ナディアの音楽を転用していることを鑑みると、確かにその可能性も高いだろう。

つまり、前回の記事での分析内容も加えてみると、この『シン・ゴジラ』の音楽は、伊福部昭の「海底下のゴジラ」+鷺巣詩郎の「レクイエム」の重なったもので出来ているということになる。

前記事では、「ゴジラの復活」を音型で表しているのだ!と息巻いてしまったが、なんということだ。

「レクイエム」は死者への鎮魂歌である。

うーむ…ややこしい…どういうことだろうか…

…いや、ここで難しいことを考えるのは、やめよう。

答えは、当日、劇場で見てみてから出すことにします。



関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://remeremea2.blog.fc2.com/tb.php/47-9281df80