-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-04-15 21:14 | カテゴリ:映画音楽
『シン・ゴジラ』予告動画

7/29公開となる、日本製ゴジラ最新作。

つい先日4/13、上の動画が予告として発表されました。

さっそく世界中のゴジラファンが、目をむいて興奮しています。

僕はゴジラマニアではありませんが、初代ゴジラ(1954)の色褪せることのない魅力は知っているし、1998年ハリウッドゴジラというトカゲパニック映画もリアルタイムで見たし、つい最近の2014年ハリウッドゴジラを映画館で見て、その熱量に圧倒されたことも記憶に新しいので、全くのゴジラ素人ではないつもりです。

しかし、最初の怪獣映画体験といえば、むしろ小学生の頃に見た平成ガメラシリーズであったし、それに比べて同時期のゴジラはなんだか「見劣りする」感があって、苦手でした。日本版最終作と謳った「ファイナルウォーズ」の頃には、全く興味を失っていました。

しかし、平成ガメラの樋口真嗣特撮監督と、その親友…このブログで何度も取り上げているエヴァンゲリオンの庵野秀明監督とが手を組んで作る、久々のゴジラ最新作ということなので、流石に僕も前のめりで情報をチェックしていました。

…しかし、不安しかありませんでした。

なにせ、あの莫大な予算が組まれ、莫大なヒットを生み出した、2014年ハリウッドゴジラの記憶が新しいうちに打ち出す、日本版です。

最初のシン・ゴジラの「特報」(人々が逃げ惑うだけの)は、かねてから抱いていた本作への不安が爆発し、失敗を確信しました…



あまり期待をこめない感じで見た今回の予告トレーラーによって、印象がガラリと変わりました。

「あれ!?これイケるんじゃね?」

まず、第1に、ゴジラのビジュアル。
これはもう、デザインが秀逸。異形だし、破壊神っぽいし、なにより、ワケわからんほどの「悲痛な怒り」に満ち満ちています。巨神兵とエヴァとゴジラの「神性」と「悪魔性」と「破壊性」が見事に融合しています。
和製でありながら、ゴジライメージデザインの前田真宏さん(マッドマックス最新作に関わった)特有の、若干アメコミっぽい雰囲気があるのも、海外ウケするポイントでしょう。

そして第2に、音楽。
予告動画の映像は、1曲の音楽によって完全に統制され、冒頭のゴジラの咆哮を除いて、劇中の会話音声などが伏せられています。新劇エヴァの予告スタイルですね。とても効果的です。

予告の曲の詳細は公表されていませんが、間違いなく鷺巣詩郎さんの手によるものでしょう。
最近のヱヴァンゲリヲン新劇場版のスタイルで書かれています。
またこれも意外と外国人にはウケがよろしいようです。

さて、ここは音楽研究をテーマにしたブログなので、さっそくこの曲について語っていきたいと思います。

後編へ続く!


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://remeremea2.blog.fc2.com/tb.php/45-43c7cf99
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。