2016-03-15 05:10 | カテゴリ:クラシック音楽

このブログは自然倍音の話しかしないのか?

このブログ書きは、自然倍音フェチなのか?

…と思われても仕方ないくらい、自然倍音について触れてきた。

ただ、何度も、いろいろな面から触れて、ようやくたどり着ける話題というものもある。

今回はまさに、そういう話題だ。

スクリャービンの「神秘和音」と「自然倍音」の話。

Q1…「神秘和音」とは?

A1…スクリャービンが中期後半〜後期〜晩年の作品において多用した和音の一種のこと。
op.58〜64などは、曲中のほぼ全てが神秘和音(とその移置形、転回形)だけで書かれている。
(↓ドを根音とした時の神秘和音)
神秘和音

Q2…いつどうやってできた?

A2…本人は『交響曲第5番 プロメテウス-火の詩-op.60』で初めて意識的に使用したこの和音を、「プロメテ和音」などと呼んでいた。その和音について

「自然倍音から音を取り、4度関係で積み立てよ!」とスクリャービンが言った

…というのは昔からあちこちに書かれていることだが、実は神秘和音の構成音が「自然倍音に則っている」というのは、スクリャービン自身、音響学者からの指摘によって気付かされたことらしい。
つまり彼は、いつの間にか無意識的にこの和音を開発し、長い間、根拠もなく使い続けていたのだ。


さて、しつこいようだが、ここで自然倍音列を見てみよう。
自然倍音

何度もこの図を用いてきながら、ここで一つ重要なことを付け加えておくならば、この「自然倍音列」の音は、現代の平均律(一般的なピアノの調律法)の音とは微妙にズレがある、ということだ。特に、上の倍音では、実際のピアノの音よりわずかに低い音になる。

Q3…スクリャービンはピアノ曲が専門領域だったので、このズレには鈍感だったのか?

A3…どうも、そうではなかったようだ。「プロメテウス」はオーケストラ作品なので、ピアノと違って各楽器が微妙な音程を決められる。スクリャービンは、オーケストラのリハーサルの際、「ファ#の音程は少し低めにとってくれた方が透明感が増す気がする」みたいなことを言っていたらしいので、自然倍音に対する無意識的な志向は持っていたのだろう。

しかし、である。上の神秘和音と自然倍音列を見比べて欲しい。

何か重要な音が抜けている…そう、主音からの第5音「ソ」の音が、省かれているのだ。
ソは第3倍音、第6倍音、第12倍音と、何度も出てくる重要な自然倍音にも関わらず…である。

Q4…これはなぜか?

…これに対しての明快な解答は無いが、研究者の一般的な認識として「第5音は変位して増4度音になったから」というものがあるだろう。

どういうことかというと、中期(op.32〜57)作品においてスクリャービンは、後の「神秘和音」と同じ構成音の和音を、「属九第5音下方変位付加6」として使っていた。ドミソ[シ♭]レの第5音ソが下方変位してファ#になってしまったので、ソが消えたということである。

しかし、個人的には、

「ソが邪魔だったから」

という説を新たに主張したい。

…わかっていただけるか不安だが、ピアノで神秘和音を弾いてみると、ソは「弾かなくても聞こえる」のである。
根音の第3、第6倍音として、かなり明瞭に。

そこへあえてソを加えて弾いてみると、せっかくの「神秘和音」の透明さ、神聖さが、失われてしまうのである。


「聴音課題」に取り組んだことのある人は、もしかしたらこの「魔のソ」に苦しめられたことがあるかもしれない。
①先生がピアノで和音を弾いていく。
②生徒が、音だけで和音を判別し、楽譜に音符を書いていく。
③先生は「ドドミド」と和音を鳴らす。
④生徒は「ドドミソド」と書き取る。
⑤答え合わせでバツをつけられるが、生徒は「だって聞こえたもん」という。

…僕自身、よくこういう魔のソに苦しめられたし、音大の試験官も、きっとバツをつけるのがためらわれる案件だろう。

これを克服するには、逆に耳をふさいで、理論的に正解を導かなければならない。(聴音課題なのに)

…ということで、「ソが邪魔だった説」は、大いに理にかなっているのではないか?


(ここでスパっと終わりたいところだが、残念ながら最晩年の彼のビッグプロジェクト「神秘劇」の骨子では、「ソ」の音が加えられていた可能性が高いことを付け加えておく。あくまで「自然倍音列」にこだわりたかったのだろうか?「微分音」の使用も考慮に入れていたらしい。)
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://remeremea2.blog.fc2.com/tb.php/44-9c183893