-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-02-08 20:03 | カテゴリ:アニメ音楽

「ヤマアラシのジレンマ」(Hedgehog's dilemma)。

ヤマアラシのような棘を、人間は心にもっている。お互いに理解し合おうと近寄れば近寄るほど、互いの棘で傷つけあってしまう。その距離感の困難さの上に、人間関係は成り立っている。

…というような哲学用語、心理学用語だったように記憶しています。

我々の実生活でも身近に存在するし、よく見聞きするジレンマの一つでしょう。

エヴァ旧TVシリーズでも、序盤にリツコの解説付きで紹介されるし、それは作品を通してのテーマに関する重要なキーワードでした。(視聴者は、まさかそのテーマが最終話や旧劇であんなに強調されるとは思いもしなかったでしょうが。)

秘密結社ゼーレは、そのジレンマもまた「人間の不完全性の証拠」であり、原罪であるとして、人間の存在を否定する立場にあります。

しかし人間はその棘という心の防壁を失うと、人間でなくなります。心の壁があるからこそ、自我を持ち自立することができるのです。傷つけ合うのも愛しあうのも、人間が生きるということで生まれるのです。
人間とは、かくも不器用で、アイすべき「けもの」なのです。

…というのが、旧エヴァの大まかなメッセージでしょう。

では、『新劇場版』はどうでしょうか?

やはり、変わっていないと思います。
ちゃんと健全に描かれています。さらに『新劇場版』では、手の触れ合いが、繊細に、美しく描かれています。

それは旧エヴァには見られなかったことです。旧エヴァはどこか殺伐としていて、手は「汚れ」の象徴のように描かれているフシがありました。

(漫画版(貞本エヴァ)では、手の触れ合いの尊さが強調されていますから、きっと『新劇場版』は、そこからの逆輸入でしょう)

また、「音楽」によって、テーマは強調されています。

『新劇場版』においても、旧エヴァのようにリツコが「ヤマアラシのジレンマ」を解説してくれます。
この時の音楽は、アレンジが加えられながら、度々登場します。

次に出てくるのは、シンジがネルフを飛び出し放浪するシーン。

そして次に、ヤシマ作戦後にシンジがレイを救出に向かい、手を取るシーン。
(このシーンと、直後の月の神秘性が、個人的にはお気に入りです。ピアノが良い味出してます。もちろん、月面“静かの海”で目覚める“彼”に至るまで。)

3度も現れるので、もはや『序』の隠れたテーマ曲と言って良いでしょう。

そして次はいつか?

『Q』でした。終盤。
壮大にアレンジされ、悲劇的でドラマティックなシーンとなっています。

ここでは、旧エヴァとは違い、二人は友達のまま別れを迎えます。

幸せを願い、最善を尽くそうとしたものの、裏目に出てしまった形。

「ヤマアラシのジレンマ」は、皮肉にも、人間をという生き物を輝かせる「悲劇」のための、大きな舞台装置なのです。



関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://remeremea2.blog.fc2.com/tb.php/36-41acc330
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。