-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-02-01 01:50 | カテゴリ:読書

『ノルウェイの森』の中で、主人公たちがフィッツジェラルド著『グレート・ギャツビー』を好評価していたのを思い出し、どうせ読むなら村上春樹の訳で、と勢いでポチり、届いたその日に読んだ。

村上春樹が生涯で最も影響を受け、大切にしてきたという『グレート・ギャツビー』。

それを訳すために、己が熟すのを数十年待ったと言うだけあって、並々ならぬ情熱を感じた。
(訳者あとがきは、本編を読み終わってから見た。)

原作は1925年のアメリカの長編小説。村上が読み手に時代差を感じさせないように尽くし、2006年に発行したこの本は、これからも多くの日本人に、新鮮な感動を与え続けるだろう。

…と言えるほど、実は筆者は文学に詳しくないし、大した読書家でもないのだが、とにかくそういう感想を持った。

この原作が、これまで幾度と無く映画化されている、というのは知っていた。
3年前のディカプリオ主演の最新の『華麗なるギャツビー』の映画予告は覚えている。
しかし、見たことはない。勝手に、「ああ、アメリカのかつてのチャラチャラした時代の、例の派手派手したやつね」とか「なんでこんなに映像化されてんのかね、売れるのかね」などと思ってしまっていた。

しかし、読んでみて納得した。
この物語を、文章を映像化するというチャレンジは、きっと監督にとって腕の見せ所であり、とても魅力的なものなのだろう、と。

まず第1章、ブキャナン邸の、あの光り輝く鮮烈な描写は、今まで読んだことのない類のものだった。
モネやルノワールの印象派絵画に、ラヴェルの精巧さを加えたような。

『ノルウェイの森』でも、主人公は語り手として、周囲の様々なことを鮮明に、事細かく、そして読書家らしく述べ続けるのだが、『グレート・ギャツビー』の主人公もまた凄い。

常に眼にスローモーションカメラを搭載していて、その映像に自分でオーディオ・コメンタリーして行くのだ。

そして眼に写ったある物体に対して説明するとき、その物体が何を考えていて、どこから来て、どこへ行くのか、ということまでいちいち考えてから述べているのだ。

こうした描写を、小道具や大道具の一瞬の映像で見せるとしたら、どれほどの計画と試行錯誤が必要なのだろうか?

俄然、映画が見たくなってきたが、へんに期待してしまうのも逆に怖い。

マルチメディア化するのは商売の簡単な手法の一つであるが、芸術的には困難なものだ。

約100年前のアメリカがどのような空気感で、100年前の原作の英文の筆致がどんなに素晴らしいものであるのかは、素人の自分には判りかねるが、少なくとも『グレート・ギャツビー』の世界の輝きと暗闇を、鮮やかな日本語で描き、己の宿命的な仕事に立ち向かい、やり遂げた村上春樹に、ここで密かな賛辞を贈りたい。


(実は本は中古で手に入れた。状態は悪くなかったが、本の間に2008年もののタリーズコーヒー(東京アントレ大森店)のレシートとナプキンが挟まっていて驚いた。こういう不思議な推測を生むささやかなサプライズを用意してくれた前の持ち主または古本屋に、感謝したい。)
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://remeremea2.blog.fc2.com/tb.php/21-43aa9d59
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。